b0019903_0375690.jpg

何人かにすすめられ…見てきました。

感想としては、
予想以下でも以上でもないって感じですね。

レミゼはとりあえず曲がいいので、それでOKってとこもあるし。

初っ端、ジャジャ〜ンジャジャ〜ン♪と始まるだけで
お〜始まる始まる♪となる。

-----以下ネタバレ危険

で、なぜ、気持ちがあんまり盛り上がらないかというと
私的に盛り上がる役者がいなかったというのが大きいです。

たとえば、
レミゼで重要な脇役 テナルディエ
この役者次第で全体にかなり影響を与えるんだけど
今回のサシャ バロン コーエン
この人はいわゆる「おバカ映画」のコメディ役者だから
それが吉と出るか…凶と出るか…と思ったんだけど
案外おとなしくて、面白くなかった。
メジャー映画出演で緊張して力を出しきれなかったのかな。
それに伴ってマダムテナルディエのヘレナ ボナム カーターも
さすがのキャスティング!と思ったんだけど、期待ほどじゃなかった。

ジャン バルジャンのヒュー氏は最初のシーンのために
15Kgの減量をしたとどこかで読んだけど、たしかに誰かわかんないほどの痩せっぷり。
しかし、顔ちっさいな〜
彼はもともとミュージカル俳優だから、歌はOK。
もっとミュージカル映画もやってほしいです。

ジャベール役者は、もっと神経質な感じが好み。
どでーんとしていられては、緊張感に欠ける。
マリウスもいまいちだな。アンジョルラス役者のほうがよかった。

子役は上手でした。
さすがメジャー映画だよね〜
しかも、リトルコゼットがこのいつものポスターの子とそっくり。
b0019903_0584837.jpg


あと、俯瞰の映像が多かったけど、なにか意図があるんでしょうね
高所恐怖症の人は見るのいやかも…

そして、最初の方の
バルジャンが仮釈放状を破り捨ててバラまいたあと
バーーーンと俯瞰になって紙片がパラパラと…なんかハリーポッターみたいで
いかがなものか…と思ってしまった。

今回、この映画を見て
「やっぱり舞台のほうがいい」というのが最終的な感想です。
わくわく感がぜんぜん違う。
こんだけ金かけて映画にしてくれて、細かいとこまでよくわかったのはよかったけどね。
日本の舞台の役者はこれからやりにくくなるかもね〜

そういえば、コゼットのアマンダ セイフライド
歌うときのおでこのシワがむっちゃ気になりました。
[PR]
# by shougun56 | 2013-01-07 01:21 | 映画
久々に、見たいと思う映画があったので見てきました。

b0019903_2324484.jpg


ローマ法王が亡くなり、次の法王を決める「コンクラーベ」が行われる。
何度かの選挙の結果、ダークホースのメルヴィル(ミシェル・ピッコリ)が選ばれる。
しかし、彼は法王に選ばれたことにパニックをおこし逃げ出してしまう…


- - - ここからネタバレあり - - - - - - - - - - - - - -
数年前にテレビで、ローマ法王を選ぶ選挙を「コンクラーベ」というのだと知った。
また、3分の2の票を集めるまで何度でも選挙をやり、まさに「根競べ」だということも。
そして、私の勝手なイメージでは、
どの人も法王になりたがっているのだと思っていたんだけど、
この映画では
どの枢機卿も「どうか、私になりませんように」と祈っているのだ。
それで、選ばれてしまったメルヴィルにしてみれば、
そりゃ青天の霹靂…パニックにもなるわなぁ
カウンセリングを受けるために外に出たメルヴィルは、同行者をまいて街にでる。
さまざまな場所を歩き回ったあげく、劇場で見つかり、連れ帰られる。

そして、いよいよバルコニーに出て、民衆に語る。
「わたしにはできない」と…

見終わった感想としては「は~ぁ?」って感じ。

イタリア映画ってこんな感じ?!
たんたんとしすぎているんですよね~
だけど、役者はみんなよかったです。
途中、外に行こうとする枢機卿なんて、きっと本当はダンディな色男だと思う。
イタリア役者を知らないので、どなたかわからないのですが。
そして、
ほのぼのとこの難題を描いているところがいいし、悪い人が出てこないのもいい。
だけど、結末は「は~ぁ?」でした。
あ、それに、なんでこのメルヴィルが選ばれたのか、
それまで全く出てこなかった彼の名前が、何回目かの選挙でバンバン出てきて決まる。
そこら辺の説明は欲しかったなぁ。

あと、大勢の枢機卿たちは、全員があの中世のようなコスチュームで
建物もクラシカルなシスティーナ礼拝堂。
それを見るだけでもいい映画なんだけど、
時が止まったような世界の中で、大きな液晶テレビを見ていたりするところが面白かった。

途中流れるメルセデス・ソーサの「トード・カンビア」。
ここも、あぁ現代なんだな。と感じるシーン。

…DVDは買わないな。
[PR]
# by shougun56 | 2012-07-24 00:09 | 映画
こちらには久々の投稿。
そして、久々のアラン・リックマン話です。

b0019903_19201050.jpg

ハリー・ポッターも終わってしまい、アランの姿を見ない日々が続いていましたが、
facebookのHarry Potterページにアランの話題が出ていました。


なんでも、去年からブロードウェイで「セミナー」という舞台をやっているそうで…
それも知らなかった(*_*)…
んでもって、4/1がアランの出演は最後???

4月にキャストが一新されるということですが、
そこでブロードウェイデビューのジャスティン・ロングくん。
どこかで見た顔だ…と思ったら
ギャラクエでおたく少年をやっていた子だっ!
こういう発見も永くファンをやってる楽しみの1つですね。

*このジャスティンはドリューの元カレだったんだ(今も?)
b0019903_19381786.jpg



[PR]
# by shougun56 | 2012-03-26 19:39 | 舞台
b0019903_17425958.jpg


今年もよろしくおねがいします。
初詣のおみくじは大吉
いぇ~い!
[PR]
# by shougun56 | 2012-01-01 17:44 | 日々
b0019903_234118.jpg
久しぶりに御園座の顔見世に行ってきました。
歌舞伎を見るの自体が久しぶり。
今年は 3代目又五郎と4代目歌昇の襲名披露で
吉右衛門を筆頭に、三津五郎、福助、染五郎、海老蔵、左團次もいるし、あ、團十郎もいます。
その他にも盛り沢山の顔ぶれ。

贔屓の三津之助も来てます!

海老蔵、元気になって良かった。
ホントに改心して歌舞伎に没頭してほしい。


b0019903_2374535.jpg



新又五郎の息子、新歌昇は平成生まれだそうで、
その他にも同世代の若い役者が数人来てますけど…
とにかく、みんながんばってください!
脇目もふらずがんばらないと、
ちょーーーっと大変そうだけど〜
みんな、最初はあんなもん???だったよ…ね。
誰が抜きん出るか楽しみにしてます。



←幕間(まくあい)に花道に所作板を敷く大道具さん。

b0019903_23105867.jpg
そう言えば、今日は「一條大蔵譚」で
三味線の胴が裂けるハプニングが!
胴が裂けると三味線はほとんど音がしないんですね。
替えの三味線が届くまで、ちょうど後半のいいところだったんですが、しばらくアカペラのようになってしまいました。
糸がきれることは稀にあるけど、これは初めて見ました。


それと、新又五郎が9月にアキレス腱を痛めたそうで、
今日も五郎で花道から出て来ると、痛々しさが…(/ー ̄;)
襲名興行だから休めないし、今月は五郎と放駒と両方ともやんちゃな役。
チカラいっぱいやりたいだろうに…
さぞかし無念だろうとお察しします…

そんなこんなでしたが、やっぱり生の舞台はいい!
↑舞台写真もGET!!!
[PR]
# by shougun56 | 2011-10-18 23:16 | 舞台