ローマ法王の休日

久々に、見たいと思う映画があったので見てきました。

b0019903_2324484.jpg


ローマ法王が亡くなり、次の法王を決める「コンクラーベ」が行われる。
何度かの選挙の結果、ダークホースのメルヴィル(ミシェル・ピッコリ)が選ばれる。
しかし、彼は法王に選ばれたことにパニックをおこし逃げ出してしまう…


- - - ここからネタバレあり - - - - - - - - - - - - - -
数年前にテレビで、ローマ法王を選ぶ選挙を「コンクラーベ」というのだと知った。
また、3分の2の票を集めるまで何度でも選挙をやり、まさに「根競べ」だということも。
そして、私の勝手なイメージでは、
どの人も法王になりたがっているのだと思っていたんだけど、
この映画では
どの枢機卿も「どうか、私になりませんように」と祈っているのだ。
それで、選ばれてしまったメルヴィルにしてみれば、
そりゃ青天の霹靂…パニックにもなるわなぁ
カウンセリングを受けるために外に出たメルヴィルは、同行者をまいて街にでる。
さまざまな場所を歩き回ったあげく、劇場で見つかり、連れ帰られる。

そして、いよいよバルコニーに出て、民衆に語る。
「わたしにはできない」と…

見終わった感想としては「は~ぁ?」って感じ。

イタリア映画ってこんな感じ?!
たんたんとしすぎているんですよね~
だけど、役者はみんなよかったです。
途中、外に行こうとする枢機卿なんて、きっと本当はダンディな色男だと思う。
イタリア役者を知らないので、どなたかわからないのですが。
そして、
ほのぼのとこの難題を描いているところがいいし、悪い人が出てこないのもいい。
だけど、結末は「は~ぁ?」でした。
あ、それに、なんでこのメルヴィルが選ばれたのか、
それまで全く出てこなかった彼の名前が、何回目かの選挙でバンバン出てきて決まる。
そこら辺の説明は欲しかったなぁ。

あと、大勢の枢機卿たちは、全員があの中世のようなコスチュームで
建物もクラシカルなシスティーナ礼拝堂。
それを見るだけでもいい映画なんだけど、
時が止まったような世界の中で、大きな液晶テレビを見ていたりするところが面白かった。

途中流れるメルセデス・ソーサの「トード・カンビア」。
ここも、あぁ現代なんだな。と感じるシーン。

…DVDは買わないな。
[PR]
by shougun56 | 2012-07-24 00:09 | 映画